<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Apache モジュール mod_deflate

Available Languages:  en  |  ja  |  ko 

説明:クライアントへ送られる前にコンテンツを圧縮する
ステータス:Extension
モジュール識別子:deflate_module
ソースファイル:mod_deflate.c

概要

mod_deflate モジュールは DEFLATE 出力フィルタを提供します。これはサーバからの出力を、ネットワークを 通してクライアントに送る前に圧縮することを可能にします。

ディレクティブ

トピック

参照

top

圧縮を有効にする

圧縮機能は DEFLATE フィルタ により実装されています。以下のディレクティブはそのディレクティブのある コンテナ中のドキュメントを圧縮するようにします:

よく使われているブラウザでは、すべてのコンテンツに対する 圧縮を扱えるわけではありません。ですから、'gzip-only-text/html' ノートを 1 にして、html ファイルに対してのみ 圧縮が働くようにした方がよいかもしれません (以下参照)

この値を 1 以外の値に設定した場合は無視されますので、 ネガティブマッチを行なうことができます。

SetEnv gzip-only-text/html 1
SetOutputFilter DEFLATE

これは Apache のドキュメンテーションに対して圧縮を有効にする設定です:

<Directory "/your-server-root/manual">
SetEnv gzip-only-text/html 1
SetOutputFilter DEFLATE
</Directory>

HTML ファイルの圧縮についてですらも問題のあるブラウザに対しては、 BrowserMatch ディレクティブを使って特定のブラウザに対しては圧縮が行なわれないように 'no-gzip' ノートをセットすると良いでしょう。

top

DeflateBufferSize ディレクティブ

説明:zlib が一度に圧縮する塊の大きさ
構文:DeflateBufferSize value
デフォルト:DeflateBufferSize 8096
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト
ステータス:Extension
モジュール:mod_deflate

DeflateBufferSize ディレクティブは zlib が一度に圧縮する塊の大きさをバイト単位で指定します。

top

DeflateFilterNote ディレクティブ

説明:ロギング用に圧縮比をメモに追加
構文:DeflateFilterNote notename
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト
ステータス:Extension
モジュール:mod_deflate

DeflateFilterNote ディレクティブは 圧縮比に関するメモがリクエストに付加されることを指定します。 メモの名前はディレクティブに指定された値です。

top

DeflateMemLevel ディレクティブ

説明:zlib が圧縮に使うメモリのレベルを指定
構文:DeflateMemLevel value
デフォルト:DeflateMemLevel 9
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト
ステータス:Extension
モジュール:mod_deflate

DeflateMemLevel ディレクティブは zlib が圧縮に使うメモリのレベルを設定します (1 から 9 の間の値)。 (訳注: 2 を底とする対数の値になります。 8 程度が良いでしょう。)

top

DeflateWindowSize ディレクティブ

説明:Zlib の圧縮用ウィンドウの大きさ
構文:DeflateWindowSize value
デフォルト:DeflateWindowSize 15
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト
ステータス:Extension
モジュール:mod_deflate

DeflateWindowSize ディレクティブは zlib の圧縮用ウィンドウ (訳注: zlib で使用される履歴バッファ) の大きさを指定します (1 から 15 の間の値)。 (訳注: 2 を底とする対数の値になります。 8 から 15 にするのが良いでしょう。)

Available Languages:  en  |  ja  |  ko